認めあい 支えあい 高め合う
TOP

今日の八潮中

画像1
何人かの生徒さんに聞きました。「新人戦はどうでしたか?」すると、「負けて悔しいけどまた頑張ります。」「勝ち負けだけではなく、会場でのマナーに気をつけました。」「夏の成果を出し切れたけど結果は満足いくものではないので、また考えて練習します。」また、こんな声も。「大会が終わったので、今度は勉強頑張ります。」「下校が早くなるので時間を上手に過ごしたいです。」いやいや、本当にみなさんよく考えています。目を見ても決して口だけではないという思いが伝わってきます。ぜひ、実行してください。自分の内側から湧いてきた動機は、何よりも説得力があるはずです。

今日の八潮中

画像1
今年の「埼葛人権を考えるつどい」は越谷市を会場に先週5日におこなわれました。みなさんで作った折り鶴やプランターなどが展示され、持続可能な人権教育をしっかり考えられる機会となっています。SDGsにも人権にかかわる目標がいくつかあります。身近なこととして、正しく考えたことを実行できることが大切です。「他者を認め、受け入れる。」ということがすべてにおいて基本となります。世界を見渡せば、残念なことが起こっているのも事実です。しかし、人として平等であることは普遍なことです。こういう機会に、自分の人権感覚を研ぎ澄ましてみませんか。(写真は折り鶴です)

今日の八潮中

画像1
計画的な3連休になったでしょうか。季節もずいぶんと進んできた気がします。体調管理に努めてください。週末はいよいよ合唱コン。学級の成長力を発揮するときです。摩擦も起きたことでしょう。でもここまできたら当日一番いい歌を歌えることだけにフォーカスしましょう。泣いても笑っても本番は一回きり。その数分のために今までどれだけの時間をかけてきたのか。得意な子も苦手な子もそれぞれ自分の課題に向き合ってきたことと思います。あと4日。当日最高のパフォーマンスを出すために気持ちを整えていきましょう。

今日の八潮中

画像1
4日から3年生対象に「いのちの授業」が始まりました。(いのちの授業は18日、25日と続きます。)ネタバレになるといけないので詳しくは書きませんが、あの授業を聞いて感じ取ったことは何ですか。私はこう感じました。「あなたは誰かにとって大切な存在なのです。」ということです。ですからその存在を傷つけるようなことは絶対にあってはならないのです。こうやって成長することは決して当たり前のことではありません。改めて感じ取って、どこかで感謝の気持ちが表せるといいですね。連休を迎えます。トラブル、けが、事故のないように。

今日の八潮中

画像1
みんなが揃うようになりました。今、学級で目指しているのは、14日の合唱コン。途中、3連休も挟みますから、時間の使い方が問われそうです。予報では、ここ2、3日で季節が一気に入れ替わると言っています。登下校を見ても長袖ジャージが増えてきた感じがします。この先は風邪等にも注意が必要になってきます。でも、あの頃の暑さを考えたら今の方がずう〜っといいような気がします。授業にも集中できます。最近では、「秋」を感じることが少ないと言われていますが、きっと身の回りを探せば、感じられるものがあると思います。そこは、自分自身の「感性(センス)」を働かせよう。

今日の八潮中

画像1
朝晩、日によっては涼しさを通り越し、若干寒いことを感じる季節になってきました。(10月だからなぁ〜)油断しているわけではありませんが、インフルエンザ等の感染症がやや拡大傾向を見せています。健康に関する自己管理が問われます。うがい、手洗い等しっかり励行しましょう。残念ながら大会が延期になった競技もあります。決して他人事ではありません。合唱コンも近づいています。合唱練習するときは換気をするなど各学級で工夫してください。途中、3連休を挟みます。しっかり食べて、しっかり睡眠をとる。基本的なことを大事にしよう。

今日の八潮中

画像1
ハンドボール開会式でのあいさつを紹介します。『…夏を思い出してください。あの異常ともいえる暑い中、苦しくても、辛くても練習してきたのは何のためですか?決して試合に勝つためだけではないはずです。それまでの自分を少しでも越えようとした強い思いがあったはずです。その強い思いを持って大会に臨んでください。私が自分の学校で常々言っていることをここでも伝えます。強いチームは、ベンチを見ればわかる。事故、トラブルなく、大会期間を終わらせてください。皆さんの健闘を祈ります。…』みなさんにも届けます。

今日の八潮中

画像1
まだ試合を残している部活動もありますが、新人戦中心日が終わりました。天候に恵まれたことに感謝します。結果の報告を受けていますが、勝ち負けだけではなく、そこには「真の勝者」の姿を垣間見ることができます。成果を出し切れたこと、残された課題、新しく見つかったやるべきこと、そういう様々なことをチーム、あるいは個人で整理して日常に落とし込むことが次につながる「段取り」だと思います。中学校生活は、部活も大事なファクターの一つです。試合の中でなんとかもがいてやろうとしたこと、日常の生活でも出せるはずです。

今日の八潮中

画像1
次回登校日は10月。令和5年度も折り返し、そして令和5年も残すところ3か月となりました。2桁の月のカレンダーを見ると、やはり「押し迫ってきた感」を感じずにはいられません。みなさんはどうですか。大会中ではありますが、しっかり次の目標を定めて、歩を進めていきましょう。いのちの授業、合唱コン、生徒会役員選挙など学校行事もありますが、日常の中に何か見つけられるとメリハリのある生活になると思います。下校も17:30になります。秋の夜長の読書も最高です。冊数を設定するのもいいかも…

今日の八潮中

画像1
大会2日目。天気は何とかもちそうです。本日も大会に行く人、留守を守る人、それぞれの役割があります。昨日は、少なくとも午前中は、この役割のもと、安全な学校生活だったと思います。継続しましょう。昨日、大会があった人は勝った人も負けた人も必ず振り返りましょう。どちらにせよ、必ず、「理由」があります。その理由こそが今後のあなたの部活動における「肝」になるのです。相手もあの暑い夏を乗り越えたのです。時間も平等だったはず。何が勝負を分けたのか。その「肝」にたどりついてほしいと思います。

今日の八潮中

画像1
大会中心日スタート。なかなか全員がそろわない日程を迎えました。次、学校に来るときの動きはしっかり把握できていますか。次の登校が明日になる人もいれば、10月3日になる人もいます。これに雨天が加われば、また変わってきます。大会に集中するとともに、次の動きをしっかり想像してください。多くの先生方も引率で不在です。新人戦は学総大会と違って3年生は全員残ります。学校がどういう状態かわかりますよね。だから自分たちでできることを増やさなければならないのです。大会に行く人も留守を守る人もそれぞれの役割があるということです。

今日の八潮中

画像1
明日から大会日程。午前中日課、給食無しですから、自分でコントロールする時間が増えます。もちろん、時間は平等。でも「時間を作り出す、生み出す」のはその人次第。その差は、のちのち大きな差となってあなたの前に姿を現します。上手に過ごしてほしいと思います。大会参加者は、目指すは「真の勝者」。その話を聞けるのを楽しみにしています。行き帰り、特に帰りは暗くなっているかもしれません。十分に気をつけて移動してください。移動が始まるとき、それは試合開始のホイッスルです。試合はコート(グラウンド)に立つ前から始まっています。自転車の人、ヘルメット用意できていますか。

今日の八潮中

画像1
さあ、いよいよ9月も最終週。2学期が始まって1ヶ月が経つんですね。本日より新人戦中心日が始まります。(本日、陸上)明日一日挟んで27日から大会日程となります。午前中で下校となります。午後の過ごし方、しっかり計画してください。順調にいけば、10月2日で中心日は終了となります。そのときは、もう10月ということです。大会日程中の過ごし方がそのまま10月につながっていきます。ダラダラしている場合ではありません。目標を持って生活しましょう。合唱コンまで19日、生徒会選挙まで32日。予定を見れば目標は、作れるはずです。

今日の八潮中

画像1
来週から新人戦の地区大会中心日が始まります。学総地区大会が終わって約105日。先輩方のバトンを受け継いで、あの暑い夏(本当に暑かった)を乗り越え、新体制で取り組んできました。その成果をしっかり出し切ってほしいと思います。もちろん、勝ち負けもあります。でも、八潮中が目指すのはそれと同時に「真の勝者」です。行き帰りの安全はもちろん、会場でのマナー、振る舞い、相手のあることですからしっかり相手をリスペクトする。こういったことすべてに想像力を働かせて、勝負に挑む。そして結果をきちんと受け入れられる。これこそが「真の勝者」です。勝ち負けだけでなく、何か大きなものを得られる大会にしてほしいと思います。

今日の八潮中

画像1
修学旅行が終わりました。(3年生は本日まで振休。明日から登校です。)奈良、京都はコロナ禍前の賑わいを取り戻していました。連休と重なったため、その色は特に濃かったのかもしれません。3年生は少々の失敗はありましたが、スローガンにある「一歩成長…」を見せてくれる場面も多くありました。願うのは、修学旅行でできたことがその後の学校生活、私生活の中でもできることが継続されることです。そうなれば、初めて修学旅行は「成功」と言えるのです。中学校生活のフェーズ(局面)が少しずつ終わっていきます。いつかこの3日間を思い出すとき、自身の成長を感じてください。保護者の皆様、ご理解ご協力ありがとうございました。

今日の八潮中

画像1
修学旅行中大変お世話になりました。八潮中の成長のためには、とても貴重な3日間となりました。成果と課題をしっかり見極め、次年度以降に生かしていこうと思います。世界に誇る古(いにしえ)の都、奈良、京都。この地の魅力は、大げさな言い方をすれば、人生の初心をもう一度再認識させてくれるところにあるような気がします。生徒たちには、また大切な人と訪れてもらいたいと思います。修学旅行を支えていただいたすべての方に感謝申し上げます。

今日の八潮中

画像1
それでは、いよいよ修学旅行に出発となります。(17日出発)準備はいいですか。心構えも大丈夫ですか。「一陣の風」となる学校行事になることを期待します。土曜日大事に生活してください。交通事故等に絶対合わないように生活をコントロールしてください。17日の出発に備えて、健康面、精神面しっかり整えてください。あなたの行動が参加者の幸せにつながるように。保護者のみなさん、ここまでの取り組みを支えていただき、本当にありがとうございました。いい思い出と一緒に帰ってきたいと思います。行事が終わるまで更なるご理解ご協力をよろしくお願いします。

今日の八潮中

画像1
3年生は修学旅行の出発3日前を迎えました。準備は進んでいますか。準備とは、持ち物等の準備もそうですが、心の準備も大切です。決して「ご褒美」の旅行ではありません。義務教育の中で身に付けるべき社会性の表現の場でもあります。「〜ときどうしたらいいのか」という問いに自分で考え、周りのことを意識しながら、答えを出していく。そういう場なのです。中学校を卒業して社会に出ていくと、この問いの連続です。そのための訓練の一つの場面と言ってもいいかもしれません。残り3日間でしっかり心構えを作り、想像力を働かせて出発に備えましょう。体調管理もしっかり。

今日の八潮中

画像1
10月の合唱コンクールに向けてすでに取り組みが始まっています。校長室にもよ〜く歌声が届きます。学級で一つの目標に向かうわけですが、そこには必ず摩擦も起こります。この摩擦を乗り越えることも行事のねらいの一つになります。大事なことは、自分の言い分を伝えること以上に相手の言い分を聴くということです。学級の輪を壊すため、乱すための行事ではないはず。行事を通して学級力を高めてこそ、行事の成功といえるのです。当日までちょうど1ヶ月。どのクラスもそのクラスのドラマを乗り越えて当日一番のできを迎えられるように応援しています。

今日の八潮中

画像1
8日の中間試験。夏の答え合わせはできましたか。昨日も書きましたが、ここからが大事です。そのままにせず、自分の課題を見つけ、切磋琢磨してください。さて、3年生はいよいよ修学旅行出発まであと5日となりました。準備はいいですか。1学期、ひいては前年度から準備してきた成果を発揮するときです。そのすべては参加者の「安心安全」、そして「幸せ」につながっていないといけません。この旅行では「自分だけ…」はありません。あなたのひとつひとつの行動が参加者の「安心安全」「幸せ」を左右するのです。もう一度、参加への意識を確認しながら準備の最終段階を迎えてください。体調管理しっかり。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31