認めあい 支えあい 高め合う
TOP

今日の八潮中

画像1
さて、いよいよ明日から諸活動停止期間を迎え、学校全体で29日、30日の期末試験へのモードに切り替わります。(切り替わるはずです。)直前には、学習会(質問教室)も計画されているようです。試験のための勉強ではありませんが、やはり自身の学習の到達度をしっかり把握することは大事なことです。やらない、できない理由を探す前にこの一週間は「一人になって」自身で立てた計画を実行してみましょう。特に、明日明後日の過ごし方は、29日、30日を左右するはずです。いい夏休みにつなげたいのなら、ここは自分に厳しくあるべきです。

今日の八潮中

画像1
会議室前のろうかに硬筆展の作品が掲示されています。どの作品にも気持ちがこもっているのがよくわかります。昔、私はこう教わりました。「字は上手下手ではない。気持ちがこもっているか、こもっていないか。」だと。昨今見ると、字を書く機会がデジタルの発展により昔に比べて減っているのは確かです。手紙だって、メールに取って代わる時代です。でも、そんなときだからこそ、硬筆のように自分の字と向き合う時間も貴重になるのかもしれません。作品を見て何かを感じ取れる感性があると素敵です。

今日の八潮中

画像1
何人かの3年生に聞いてみました。「先日の試験、どうでしたか?」すると、「難しかったけど頑張りました。」「本番じゃなくてよかった。」「数学が意外とできた感じがします。」「数学が一番厳しかった。」「期末試験のやる気がでてきました。」「期末試験が心配です。」など、さまざまな答えが返ってきました。受け止め方は人それぞれ。大事なことは、受けっぱなしで終わりにしないこと。もし、同じ問題が…と考えれば、そうはならないはず。一週間後に迫る期末試験への取り組み方にいかされるはずです。自分を追い込んでみることも必要なことです。

今日の八潮中

画像1
7月20日まであと1ヶ月。つまり、終業式まであと1ヶ月ということです。何となく1学期のゴールが見えてきたところです。この時期の気候にも悩まされていますが、心はスカッと前向きに頑張っていきましょう。残り1ヶ月、どのように過ごすのか。繰り返しになりますが、まずは想像力を働かせるということ。「こうしたら、そのあとどうなる?」という自分への問いかけを常に持ってください。中には、ちょっとした想像力があれば、防げたトラブル等がこれまであったはず。失敗から学べることは数多くあるはず。失敗を失敗のままにしないことです。

今日の八潮中

画像1
金曜日、3年生は初めての東部地区学力検査に挑戦しました。(年に3回あります。)大会後でしたから、心のコンディションづくりは難しかったかもしれません。しかし、回ってみるとどの学級も落ち着いた雰囲気の中、真剣な眼差しで問題用紙に向かっていた姿が印象的でした。毎回のことですが、問題用紙が戻ってきたら、必ず解き直しをしましょう。知識の定着には、繰り返しが何より効果的です。点数も順位も気になりますが、まずは苦手克服。基礎定着。この積み重ねが、来たる受験期に大きな財産になっているはずです。先がなかなか見通せない不安があると思いますが、強い気持ちを持って。

今日の八潮中

画像1
6月も半分終了です。いよいよ学期末が見えてきます。各自目標にしていた1学期の到達度はいかがですか。学習、生活、両面から振り返り、残り約1ヶ月の1学期の方向性を修正してみましょう。月末には多くの人が目標としている定期試験が控えています。こちらはあと2週間となります。できない、やらない理由は簡単に見つかります。そうではなくて、自分を奮い立たせて取り組む期間です。試験のためだけが学習ではありませんが、目標としている以上、簡単にあきらめてはいけません。充実した夏休みにつなげるためのも、6月の後半はとても大切です。

今日の八潮中

画像1
明日、3年生は東部地区学力検査、1,2年生は実力試験。ここまでの自身の学力の現在地を試すいいチャンスです。将来の選択肢を広げるためにやっぱり勉強は大切です。苦手だからといって避けているだけでは、その選択肢も狭まってしまいます。目標があるならそう簡単にあきらめている場合ではありません。最後まで粘り強く取り組む姿勢を出すときです。この日に向けてどの学年も対策に取り組んできていました。やるからには、全力で前向きに。「あのとき」を思い出してください。「あのとき、こうしておけば…」「あのとき」は今です。

今日の八潮中

画像1
先週、英語科の授業研究会がありました。外部から指導者の先生をお招きしてご指導をいただきました。英語科の先生方は、それぞれの単元で授業に臨み、自身の授業力向上に取り組んでくれました。学校の生命線は何といっても授業。先生方もよりわかりやすい、より生徒の学びにつながる授業づくりに取り組んでいます。授業は先生方、生徒の皆さんの双方向の営みがあって成立します。「わからないから…」で終わりにするのではなく、そのために先生方がいるのですから、先生方に聞いて自分の弱点を克服しようとする前向きさを持ってほしいと思います。

今日の八潮中

画像1
校長室に歌声が聞こえてきます。音楽の授業を中心に合唱祭(10月予定)の準備が始まっているようです。特に3年生に聞くと、「最後の合唱なので頑張ります。」「みんなでいい思い出を作りたいです。」「パート練習に力を入れます。」といったそれぞれの思いが返ってきます。行事はあくまでツールのひとつ。行事を通して一人一人、そして学級、学年にどんな力をつけたいのか、どんな高みを目指すのか、そこが大事なのです。一回一回の練習にそういう気持ちを持って臨んでください。おそらく摩擦も起きるでしょう。乗り越えてこそ、心が一つになるでしょう。

今日の八潮中

画像1
気がつけばノンストップの6月も半ばにさしかかりました。今週末にはいよいよ3年生は東部地区の学力検査、1、2年生は実力テストが予定されています。学校だより6月号にも記しましたが、まさに今が「あのとき」なのです。「あのとき、こうしておけば…」を誰もが経験していると思います。(私だってあります)でも何回も繰り返してしまうのは、我ながら悔しいと思いました。ここで学習に対するギアーを変える勇気や粘り強さ、前向きさを持ってほしいと思います。そのことがあとあといい効果になって自分に返ってきます。必ずや…

今日の八潮中

画像1
今週5日、ゴミゼロ運動の一環として、学校の周りや中央公園の周りを有志たちがゴミ袋を持って清掃活動に取り組んでくれました。街がきれいになるのと同時に八潮中のイメージアップに大きく貢献してくれました。貢献といえば、先週、ある方がメセナ付近で大事な書類を落としてしまったら八潮中生が拾って届けてくれました、というお礼の電話がありました。こちらも大きなイメージアップとなりました。私たちの仲間には、こういうことができる人たちがたくさんいます。いいところをどんどん伸ばしていく、いいことをどんどん増やしていく、そういう学校にしていこう。みんなの力で。

今日の八潮中

画像1
梅雨入りが迫っています。仕方ないとはいえ、気持ちが滅入る季節を迎えます。でも、逆に紫陽花などは元気に咲き始めています。学校の周りにもたくさん見つけることができます。ただただ単調な毎日になりがちですが、目標を持って生活していきましょう。ところで、6月4日は「虫歯予防デー」。ちょっと立ち止まって自分の口の中、歯に関心を持ってみましょう。学校でも歯科健診を行っていますが、「むし歯より、むし歯になりそうな歯が増えています。しっかり歯磨きをしましょう。」と声をかけていただきました。口の中や歯にモヤモヤがあるとなかなか目の前のことに集中できないもの。歯は一生のお付き合いですから、しっかり計画的にケアしましょう。

今日の八潮中

画像1
何人かの生徒の皆さんとお話しました。「雨大丈夫でしたか?」と聞いてみると、「大丈夫でした。」「家の周りが冠水していました。」「初めて見た水の量でした。」「夜の雨の音が怖かったです。」「避難指示対象でしたが、何とか大丈夫でした。」といった答えが返ってきました。雨の季節はこれから本番を迎えます。「もう起きない」と「また起こるかもしれない」、この二つの差、小さいようでとても大きいものです。逆に「先生も大丈夫でしたか?」と声をかけてもらいました。優しい生徒さんでうれしく思います。ありがとうございます。

今日の八潮中

画像1
先週末は大変な大雨になってしまいました。被災されたみなさまにお見舞い申し上げます。八潮市、草加市では一部に避難指示、越谷市は全市に避難指示が発出され、改めて自然災害の恐ろしさと自分の身を守る冷静な行動の大切さを実感しました。やはり、「そのとき、いきなり」というのは、冷静さを失いかけます。日頃から、普段から、「もしこうなったら…」と想像力を働かせることが大事です。大雨になるとどの辺が冠水しやすいのか、どの辺の道路が使えなくなるのか、今回のことを教訓にして、これからの梅雨の季節を安全に生活していきましょう。

今日の八潮中

画像1
HPをリニューアルしてもうすぐ1ヶ月。ここにきてアクセス数も伸びてきています。本当にありがとうございます。「今日の八潮中」コーナーで生徒のみなさんや教職員のがんばりを伝えられたらと思っています。先月の体育祭もPTAの皆さんのご尽力により、無事に終わりましたが、参観者数を調べていただいたところ、のべ約880名の方にご参観いただいたという報告がありました。学校は観られることで成長していくという一面もあります。これからも観ていただける学校作りに職員一同取り組んでいきます。これからもよろしくお願いします。(HPも観てくださいね。)

今日の八潮中

画像1
雨で順延もありましたが、いくつかの種目を残して学校総合体育大会中心日が終わります。選手のみなさん、本当にお疲れさまでした。大会を通して、学んだこと、見えたこと、きっとあるはずです。試合の勝ち負けだけで終わらすことなく、自分の今後に生かせると大会のねらいを達成することになります。また、留守番をしてくれたみなさんもお疲れさまでした。進んで大会の人の分の仕事に取り組んでくれた生徒が多かったです、と担任の先生方から聞いています。大会を支える大きな原動力になりました。大会を通して八潮中が一歩前進、成長した思いです。

今日の八潮中

画像1
さあ、6月を迎えました。1学期も折り返しです。5月の連休明け、どうなるかと思っていましたが、体育祭などを上手に使ってそれぞれの学級が軌道に乗ってここまで進んできているのでは、と思います。もちろん、ちょっとした行き違い等もあって、その都度、反省に立ち返るといったこともありました。これだけの人数で毎日暮らしています。いろんな考えが交差します。お互いがまずは相手をわかろうとすることから解決策が見えたりもするものです。接点になる「言葉」の使い方がその先を決めることも指摘してきました。「言葉」の重要性をもう一度、かみしめてみましょう。(写真は修学旅行スローガンです)

今日の八潮中

画像1
大会日程がずれた種目もありますが、大会2日目終了。初日に続き、大きな事故もなく無事に終えることができました。みなさん、ありがとうございました。また、学校の方も静かに進み、集団が成長するいい機会になっています。残念ながら、いわゆる「引退」を迎えた3年生は気持ちの整理に時間がかかっているときかもしれません。切り替えて勉強、と簡単に言ってしまいそうですが、そうはなかなか…ですね。でも、誰もが通る道です。できない言い訳は簡単に見つかってしまいますが、自分を鍛えるいい機会ととらえて、乗り切りましょう。5月も今日が最終日です。

今日の八潮中

画像1
大会が始まりました。初日、大きな事故もなく無事に終えることができました。みなさん、ありがとうございました。また、学校の方も静かな授業が続きました。少ない先生たちだからこそ、自分たちでどう動けばいいのか、どう取り組めばいいのか、よく考えて行動してくれた人が多かったようです。この安心感こそ、大会運営成功への大きな力になっているのです。試合である以上、勝ち負けが結果としてついてきます。しかし、このコーナーにも記したように、相手に敬意を払って試合に臨めたかどうか。ノーサイドの精神で試合を振り返ってこそ、「真の勝者」となるのだと思います。

今日の八潮中

画像1
それでは大会中心日が始まります。大会に行く人も学校に残る人も自分の役割をしっかり意識して、周りをよく見て、想像力を持って生活してください。今日は学校だけど、明日は大会、という人は…そうです。31日の動き、確認できていますか。持ち物等も準備できていますか。確認しておくべきこと、あるはずです。また、午後の時間の使い方もしかり。ただ何となくあっという間に過ぎてしまってはもったいないです。大会中とはいえ、充実した期間にするためにも、一人一人が工夫してほしいと思います。大会に行く人は、行き帰りの移動には特に注意してください。「安心安全」に大会が進むことを願っています。頑張れ!八潮中!
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30